☆★AIM.モニター募集中★☆

てことで、アイムのモニターを募集しています☆★


簡単に説明すると、

1.アイムが出ているライブに、アイムのお客さんという枠で入場してもらいます(基本チケット代なしの1drink、例外もあります)。

2.アイムのごはんを購入し、食べてもらいます。

3.そのごはんの感想をTwitterでつぶやいてもらいます(写真付きだと嬉しいです)。

4.詳しい感想をお話しさせてもらいます。

みたいな感じです☆★


モニターとしての特典は、

1.アイム特製グッズ(バッチ、ステッカー等)、おみやげ(主にプチケーキ等)をプレゼント。

2.好みの味にチューニングします。

3.大盛りに対応します。

※以上は3日前までに要連絡でお願いします。

4.万が一口に合わない場合は返金させてもらいます( ;ω;)


一つだけ注意点があります。

そのライブの日に、知り合いの出演者がいる場合、そちらの出演者のお客として入場してください。

その際でも、モニターとしての特典は用意します。


詳しいお問い合わせはコチラまで⬇

shigel_daydreamer@hotmail.co.jp

よろしくです☆★


おいしいは、ここにある。

素敵な音楽とやさしいひとときを、あなたに。


AIM.061 “和風チキンカーレ” at 2016.1.23. 吉祥寺プラネットK “M☆N☆T 2016 NEW YEAR SPECIAL ♯2〈吉祥寺編〉”

2016新年2発目、みんな大好きM☆N☆Tです。

いやいや、ミナトさんにはお世話になりっぱなしです、はい。

今回はそんなミナトさんのお誘い、しかも新春スペシャル。

そりゃ気合い入りますよ、ほんと。


そんな会心のメニューはこちら。

和風チキンカーレ。

DSC_2680


アイムでも結構カーレ作ってきて、いろんな方向性の味の組み立てを考えてきて、やはり大事なのは炒め玉ねぎと赤ワインってことがわかってきて。

ならそれ使わずに美味しく出来ないかなって。

あと黄色いクリーミーなカレーうどんが好きで、それの味を再現できたら嬉しいなと。

それを踏まえて味の組み立てを考えました。


味のメインはやはりカエシ(めんつゆ)、あとバター、生クリーム。

もちろんいつものカーレにもバターと生クリームは入ってるけど、今回はその比率がだいぶ違います。

それに和風の風味を足すために味噌。

アイムで味噌、って言ったら江戸甘、そこに甘さをプラスするために白味噌も入れました。

味付けの方向性はそんな感じ。


カーレで味付け以上に大切なもの、それはやはり出汁。

チキンカーレってことで、親鳥のモミジ(足ね)とミンチでスープを取りました。

今回始めて親鳥使ったけど、普通の鶏ではきっと出ないくらい濃厚な風味、すげえインパクト。

土台がこれだけしっかりしてると、安心して味付けで冒険できますね、ははっ。


メインのチキンは、親鳥のもも肉です。

普通の鶏肉よりかなりカタめの食感、噛み締めたときの味わいの広がりは、長く生きたからこそ。

長時間煮込んでもパサつかずしっとりした食感、抜けない風味。

間違いないですね。


んでトッピング。

和風、ってことでネギ、なおかつ親鳥のインパクトに負けないものって言ったら、九条ねぎしかないっしょ、はい。

ただ乗せるだけじゃ能がないので、レモンの絞り汁とネギ油&ごま油、しょっつる、白ごまで作ったタレでキレを。

そのままでも十分クリーミーで濃厚ですが、もっとなめらかかつマイルドにするために生クリームを。

最後の仕上げに、糸切り唐辛子。


詳しくは恒例のTogetterにて。


いやいや、完璧。

文句のつけようのない出来です。


でもね、ぶっちゃけ伝わらないんですよ、俺のこのこだわりや気持ちはさ。

色んなバンドがツイッターで今回のイベントの告知をしてたけど、AIM.の名前が入ってないことが結構あった。

確かに今回のイベントは出演するバンドが多かった、文字数の制約があるのも分かる。

そういうのも踏まえてもやっぱめっちゃ悔しい、涙出るくらい。


AIM.は絶対負けないよ、そこらの適当なバンドには。

どんな爆音にも負けないインパクトで、どんなシャウトにも負けない力強さで、どんな歌詞にも負けない奥深さで、味を作り出しています。

心を震わせることができるのは、気持ちだと思う。

音とか味とか、そんな言葉と関係なくさ。


俺が背負ってるのはAIM.って名前だけじゃなく、今回なら親鳥、九条ねぎ、江戸甘、しょっつる、そういう食材を作ってる人の思いも背負ってるんだ。

遊びじゃねえんだ、あんま舐めんな。


とかいいつつ、今回も完売。

いやいや、わかってくれる人もちゃんといてくれるんです、だからこうして続けていられるんです。

本当に感謝しています、ありがとう。


おいしいは、ここにある。

素敵な音楽とやさしいひとときを、あなたに。


 

AIM.062 “麻婆そぼろごはん” at 2016.1.30. 渋谷Rラウンジ “邪悪なる胎動2DAYS【DAY-1】”

CZe2ZdEUUAAaB2U

てことで1月3発目は邪悪なる胎動です。

いやいや、アイムにしてはすごいペース。

てか、本番4日前に急遽決まりました。

このスピード感が胎動です、はい。


きっかけは、仕事です。

仕事中、話題の中学生にばったり会って、その彼が胎動に出るってのを知ってそりゃ俺も出なきゃなって。

その彼を知ったのも、胎動で知り合えたMI'zさんのTwitterで見たから。

いやいや、つながってますね、ほんと。


で、そんなイベントのメニューはこちら。

麻婆そぼろごはん。

4f571d40

DSC_2732

今回は本番まで4日しかなかったんで煮込む系は難しいから、簡単かつ濃厚な感じ、って散々考えてこれにしました。

作り方は超簡単、ちゃちゃって炒めて味付けは中華風(オイスターソース、甜麺醤、豆板醤、XO醤などなど)、出汁はほたて、昆布、干ししいたけ、するめとかでがっつり。

付け合せは、揚げたま、万ねぎ、糸とうがらしで久しぶりのアイム三点セット、辛子とはちみつを混ぜたマヨネーズ、ゆず七味、削ったパルミジャーノ、そんなインパクト強めの味の土台を支えるのはやっぱりベビーリーフ。

完璧。


あと今回カップケーキも焼きました。

DSC_2728

DSC_2727

アンケートに答えてくれた人にお礼のおみやです。

ちなみにあんぽ柿とチョコです。

みんな喜んでくれました、よかった(  ;ω;)


てことで今回のTogetterです。


AIM.で一番考えてるのはやはりバランスです、はい。

ここで言う考えるってのは、そりゃもう一日中考えてるってレベルです。

仕事中もめっちゃ考えてます。

今回のイベントも、いろんな人が出てました。

でも、俺ほどこのステージに対して考えてる人はどれだけいるでしょうか。

あ、これディスじゃないっすよ、もちろん。

もっとみんなで楽しもう、ってことです。

ステージは長くて三十分。

でも、自分の頭の中のステージには時間制限はない。

そのステージに長くいる分だけ、みんなの笑顔も増えていく。

これほど楽しいことはあんまないっすよ、ほんと。

みんなで楽しいを分かち合いましょう、もっともっと。

それこそ、胎動のあるべき姿だと思います。

ほんとしあわせですね、間違いないっす。

ありがとう。


おいしいは、ここにある。

素敵な音楽とやさしいひとときを、あなたに。


 

AIM.060 “安納いもとチキンのカーレ” at 2016.1.5. 関内セブンスアベニュー “税金5%×しーたろうpre《 ボンボコNight 》”

CXoTE_VUEAEanqH

てことでAIM.記念すべき60回めは、税金5%としーたろうくん企画、ボンボコNIGHTです。

前回、U20の胎動で知り合った、かっけえパンクバンドです。

このイベントに参加することになったきっかけはツイッター。

彼女たちのアカウントにやらせて、って言ったら即オッケーもらえました。

このスピード感、すげえ好きです。

2016年の一発目にこれ以上ないくらいぴったりなイベントです、はい。


そんな大切な節目のイベントに出すのはやはり気合い入れたものじゃないと、ってことで考えたのがこれ。

安納いもとチキンのカーレ。

DSC_2515

マイモちゃん(税金5%のギターね)になんのカーレがいいか聞いたら、チキンがいいって言われて、あと芋類が好きってことで安納いもと組み合わせることにしました。

われながら完璧なチョイスですね、ははっ。


作り方的には、アイムカーレ第二段階、って感じですかね。

詳しい作り方と今回のイベントの経緯はTogetterにまとめてあります。

ぜひぜひ。


こう見えて、俺も若い頃はパンクが好きだったんですよ。

今はあまりこだわりはないけど。

税金5%を見て、ああ、これだなって。

叫ぶ感じ、暴れる感じ、もやもやを抱えながらもそういうのひっくるめてキラキラしてる感じ。

懐かしいし、やっぱ今でも新しい。

んで、文句なく格好良かった。

楽しかった。

コレが横浜発現在進行系正統派パンクロックです、間違いない。

めっちゃしあわせでした、ありがとう。


おいしいは、ここにある。

素敵な音楽とやさしいひとときを、あなたに。


 

AIM.059 “AIM.風カレーパン” at 2015.12.12. 立川バベル “DAIGO pre DAIGO FEST vol.5”

img_0_m

てことでダイゴフェスです。

最近のアンダーグランドなハードコアキッズでこのイベント知らない人いないんじゃないっすかね??

なんせ俺も知ってたもんね、ははっ。

出れるなんて思ってもなかった、ほんと光栄です。


そんな2015年最後、記念すべきダイゴフェス初参加のメニューはコチラ。

AIM.風カレーパン。

_20161111_215916

_20161111_215619

今回考えたことは、フードのスペースがあまりない、ってことでトースター1つで作れるもの。

んで、簡単に提供できるもの。

からのハーコーキッズの心をがっつり掴めるもの。

てことでカレーパンです。


元になるカーレは、砂糖醤油で甘めのそぼろを作って、そこに赤ワイン、炒め玉ねぎ、バター、生クリームとか入れてコクをプラス、仕上げにカレー粉(赤缶)&炒めた小麦粉を入れて作りました。

そのおいしいルーをカレーパンにするために、フランスパンにバジルを混ぜたバターを塗って、カーレ、溶けるチーズを載せて2分位トースト。

んで仕上げは、赤ワインソース、パセリ、ゆず七味、糸唐辛子。

味も見た目も完璧に仕上がりました。

って毎回言ってる気がするけどほんとだから仕方ないね( ^ω^)

おかげさまで即完売。

間違いないっすね、ほんと。


にしてもダイゴフェス。

やばかった。

しょっぱなから満員。

出るバンドのクオリティの高さ。

あまりの熱量にやられて途中でダウンしちゃいました( ;ω;)

さすが37歳( ;ω;)


てことで恒例のtogetterをどうぞ。


このイベントを作ったダイゴくんはまだ20代前半。

彼自身が楽しんでいるから、みんなを楽しませることができる。

当たり前のことだけど、なにより大事なんだなって。


こんなデカいイベントに出れたのは、CAUSE OF GRIEFDAIKIくんが声をかけてくれたからです。

フードをやるスペースとか充分に取れそうにないけど、自分のバンドの物販のスペースを使ってもいいからやってほしい、人も沢山来るしAIM.君のフード食べてもらいたい、ってめっちゃ真剣に誘ってくれて。

フードやっててよかった、って涙が出るくらい実感した一瞬でした。

このつながりのきっかけは一杯のカーレ。

想いはつながる、そこに壁は無い、と思います。

ありがとう。


おいしいは、ここにある。

素敵な音楽とやさしいひとときを、あなたに。


 

AIM.058 “AIM.風タコライス” at 2015.12.6. 新宿クラブサイエンス “胎動 Under-20”

CVb-6DiVEAExp4w


はい、毎度お馴染み胎動です。

最初は普通の胎動で誘われてたんだけど、いつの間にかアンダー20企画に変わってました。

この瞬発力、イコマくんらしいね。


んで俺は若い世代に食べさせたいFOOD、だって。

これはほんと間違いない。


てことでいろいろ悩んだ挙句考えたメニューがコチラ。

AIM.風タコライス。

DSC_2222

DSC_2228

まず若者が対象、ってことで分かりやすくインパクトあるもの。

あと野菜が多いもの。

んでやっぱかわいいもの。

って考えたらこれしかないっしょ、って感じで。


今回も作り方は簡単です。

メインは、まず炒め玉ねぎを作って、炒めた合いびき肉と合わせて、砂糖醤油を基本にして甘めに仕上げたタコミート。

組み合わせは下から順に、ベビーリーフ、ごまごはん(白)、タコミート、あげ玉、マスタードとはちみつ&レモンを入れたハニーマヨ、ごま油とレモンとはちみつでマリネしたプチトマト、削ったパルミジャーノ、刻んだパセリ、ゆず七味、ピンクペッパー、最後の仕上げは糸とうがらし。

簡単ですよ。

めっちゃ簡単。

ここ最近のカーレとかに比べたらはるかに単純で簡単です、はい。

でも一日で準備できたとは思えない味と見た目のクオリティ、間違いないっす。


今回の出演者のお父さんぐらいの年齢の俺がさ、いろいろ細かいことしたってあんま意味ないかなって。

とりあえず余計なこと考えんとがっつりぶちかましましたよ。

じゃなきゃこんな豪華なメンツには太刀打ちできないからね、ははっ。


てことで恒例のtogetterをどうぞ。


DSC_2253

俺的に今回のベストは税金5%のマイモちゃんのMCです。

音楽的にすげー人いっぱいいたしライブもパフォーマンスもヤバかったけど、自然に涙出たのがコレでした。

感動した。


俺の子供の頃を思い出して、いろいろ感慨にふけった一日でした。

楽しかった。

あらためてイコマくんの世界観に感服しました。

いつもいろいろちょっかい出してるけど、やっぱ俺イコマくん好きだわ。

なんてね。


俺のおいしいは年齢に関係なくいろんな人に届いて、その人の身体になっていく。

その忘れがちなことをこれからもちゃんと意識していこうと思いました。

ありがとう。


おいしいは、ここにある。

素敵な音楽とやさしいひとときを、あなたに。


 

AIM.057 “牛すじとチーズのカーレ” at 2015.11.7. 渋谷ゲーム “The I (ikoma) presents 邪悪なる胎動 vol.22”


o0684096013475560207

てことで毎度お馴染み邪悪なる胎動です。

今回で何回目だっけ??

まいっか( ^ω^)


とりあえず、今回のメニューはこちら。

牛すじとチーズのカーレ。

jpg large

作り方はいつも通り、ってこのフレーズもいつも通りですね、ははっ。


正直、アイムを始めた当初はカレーは絶対作りたくなくて。

巷で見かけるフード、どこもかしこもカレーばっかで。

市販のルー使って、盛りつけも雑で、看板も適当で。

そういうのに対抗してアイムを始めた部分もあったから。

その当時は、市販のルーより美味しく作る方法が分からなかったし、自信もなかった。

でも、こうしていつも通り、ってフレーズを使える位回数重ねてきたら、ようやく俺の味を確立できた。

本来、カーレって言葉の由来は母ちゃんの書置きから(例 冷蔵庫にカーレがあるよetc)だけど、今は違う。

俺の作ってるのはカレーじゃない、カーレだ、って胸張って言えます。

いやいや、長かった、ははっ。


まぁそれはそれ、これが今回使ったチーズです。

DSC_2010

パルミジャーノレッジャーノ、コンテ、レッドチェダー。

俺のカーレは濃厚で深い味わいだけど、長く煮込んだ分爽やかな風味がちょっと弱いから、3種のチーズで鮮烈なインパクトをつけました。

大きめに刻んだパセリ、ピンクペッパー、ゆず七味と一緒になったときのパンチは思った以上でした、はい。


間違いなく最強のカーレに仕上がりました、完璧です。

おかげで即完売しました、ありがとです( ;ω;)

ぎゃー( ;ω;)


からのtogetterです。

やはりこのイベントのわちゃわちゃ感はこっちのがわかりやすいかなって。

ほんと楽しいイベントです、間違いない。


そして今回はドープシンガー田中くんを呼びました。

このいろんなものが混ざった一日に、どうしても田中くんの音を響かせたくて。

みんながガチャガチャしてる中で、田中くんの声が響いた時、空気が変わった。

ああ、間違ってないなって。


てことでこれ読んでくれてる君、一緒に胎動出ましょう。

どんな形でも、形にならなくても、受け入れてくれます。

そんなイベントを創りだすイコマくん、そしてあの場所にいて繋がってくれるみんなに、最強の感謝を込めて。

ありがとう。


おいしいは、ここにある。

素敵な音楽とやさしいひとときを、あなたに。


 

AIM.056 “ナスとかぼちゃの秋味キーマ” at 2015.10.10. 高円寺クラブミッションズ “Resonance CreatioN presents Vol.67 「borderless world - 2nd NIGHT-」”

jpg large

てことで引き続きまさひろさん誕生日企画その2です。

前回出会いの時のメニューをブラッシュアップしたやつで、今回はまさひろさんの好きなキーマカレーを俺なりに進化させたやつです。

そんなメニューはこちら。

ナスとかぼちゃの秋味キーマ。

jpg large

いやいや、秋ですからね。

あとちょっとハロウィンを意識してみたり。


カーレ自体の作り方はいつも通りです。

まずは和風の出汁をがっつり採って作ったカエシに赤ワインといろんなお酒を入れて、そこに炒め玉ねぎを入れたソース、豚骨のスープ、あと取っておいた前回の牛すじの出汁をメインに味を作りました。

お肉は、挽き肉ではなく豚の角切りをフードプロセッサーにかけて粗めのみじん切りにして炒めてから、赤ワインetcで甘めに煮込みます。

ナスは挽き肉に合わせて細かめに切ってから軽く油通ししてクレイジーソルト、煮込まずに仕上げにルーに投入します。

かぼちゃはレンチンして、熱いうちに潰してクレイジーソルトと胡椒で味をつけて、一口大に丸めました。


そして、盛り付け。

まずルー、そして生クリーム、白ごまごはん、ベビーリーフ、かぼちゃ、ゆず七味、ピンクペッパー、削ったパルミジャーノレッジャーノ、パセリ、最後に糸とうがらし。

ハロウィン、そして誕生日的ケーキっぽく仕上がったかと。

自分で言うのもなんですが、めっちゃかわいい( ;ω;)


今回の仕込みの一連の流れをtogetterにまとめてみました。


最初に進化、って書いたけど、それはもちろん味だけじゃなくて。

見た目も、こだわりも、全部進んで行かないとこのイベントには合わないなって。

レーベルやいろんな活動を通じて、関わっている人達の生活を進化させ続けているまさひろさん。

そんな彼の新しい一年、その花向けに俺なりの精一杯を出せる感謝を。

ありがとう。


おいしいは、ここにある。

素敵な音楽と優しいひとときを、あなたに。


 

AIM.055 “牛すじの味噌煮込み赤ワインソース” at 2015.10.3. 四谷アウトブレイク “Resonance CreatioN presents Vol.66 「borderless world -1st NIGHT-」”

jpg large

てことでボーダレスワールド、RCNの大ボス、我らがまさひろさんの誕生日企画です。

こんなん誘われたら出るしかないっしょ、ほんと。

いやいや、めでたい。


そんな記念の日のメニューはこちら。

牛すじの味噌煮込み赤ワインソース。

1467466225983

1467466189075

一番最初にまさひろさんと知り合えたのはここアウトブレイク、その時のメニューが牛すじ煮込みごはん。

あの時からすでに二年。

その二年の成長を見せることが、まさひろさんにとっての俺ができる精一杯のプレゼント、ってことでこれにしました。


基本の作り方はごくごく簡単。

jpg large

牛すじはがっつり煮込んで、出汁と合わせて味噌で味をまとめます。

もちろんアイムらしい、甘さを生かした味付けです。


からの付け合せ。

1467466055741

にんじんと大根は、煮干し、かつお、昆布、干ししいたけの和風だし、ほんの軽めの醤油、みりんで味をつけて煮て、それをごま油、レモン汁、ごまでマリネにしました。

もちろんお祝いの紅白です、って言わんでもわかるか、ははっ。

1467466133483

レンコンとまいたけは、砂糖醤油みりんでがっつり味をつけてます。


牛すじも付け合せも、それ自体でも美味しいけどあえて完成一歩手前にしています。

もちろんそれは赤ワインのソースの存在で完成させるからです。

その赤ワインのソースは、赤ワイン、カシスリキュール、はちみつ、レモン汁、バルサミコ、そして牛すじの煮汁を煮詰めて作りました。
※写真撮るの忘れました( ;ω;)


からのトッピングは、菊と豆苗。

紅白の下にはベビーリーフ、これ結構大事。

そんでやっぱアイムって言ったら柚子七味。


牛すじの味噌、にんじんと大根のだし、レンコンとまいたけの醤油、そして赤ワインのソース。

そのバラバラにも思える味付けも、見た目重視に思われがちなトッピングも、ちゃんとまとまるんです。

そこに一貫した思い入れがあれば。

おいしさにボーダーなんてないんすよ、実際。


そんなこのイベント。

いやいや、ほんっとやばかった( ;ω;)

っていつも言ってるけどさ、いつもそんないいイベントに出られるようになったのもまさひろさんのおかげなわけで。

某イコマくんと引き合わせてくれたのもまさひろさんだし。

まぁまさひろさんはそれはアイムくんが頑張ってるからだよ、とか言いそうですが、ははっ。

でも、頑張れるのもそのつながりがあるから。

大事にします、はい。


CQZHn_gUAAAHV_E


秀光さん( ;ω;)

こういうのほんと嬉しいっす( ;ω;)

ぎゃー( ;ω;)

ありがとです( ;ω;)


おいしいは、ここにある。

素敵な音楽とやさしいひとときを、あなたに。





AIM.054 “中華風タコライス” at 2015.9.18. 吉祥寺プラネットK “Malz presents『麦芽 Festival vol.1』”

index

てことでMalz企画、麦芽 Festival vol.1です。

バンド、お笑い、殺陣等々盛りだくさんのイベント、会場はみんな大好きプラネットKです。

いやいや、今後も続くであろうイベントの初回に出られるのはほんと光栄です、はい。


今回もいろんなジャンルの人達が集まるってことで、俺もいろいろ考えました。

そんなメニューはコチラ。

中華風タコライス。

JPG

_20160606_223917

前にも書いたんだけど、俺的にやはりめっちゃ美味しいって思えるタコライスに出会ったこと無くて。

タコミートはやはりトルティーヤに合わせるのが一番かなって。

なんというか挽き肉とごはんをトルティーヤ以上に相性よく仕上げるって、簡単に見えて実際難しいなと。

一番簡単だと思われる砂糖醤油は和風って名前ですでにやったし、じゃあどうしようかって散々考えて中華風に。

まぁ味の作り方自体は簡単です、基本はオイスターソース、甜麺醤やコチュジャン、はちみつ、黒糖、お酢、レモン、etc。

ポイントは五香粉や花椒とかのスパイス。

挽き肉自体はしょっぱくなる寸前、出来る限り濃厚で、なおかつ香り高く。

結果、ごはんとの組み合わせはこれ以上無いんじゃないかってくらいぴったりに仕上がりました。

そんなメインを引き立たせるための脇役は、まずレタスとサニーレタス。

普段野菜はベビーリーフが多いんですが、今回はレタス系で。

ベビーリーフはいろんな風味が楽しいんだけど、レタスはシャキシャキって食感がアクセントになるかと。

からのごま油とレモン汁、白ごまでマリネしたトマト。

あとアイムのトッピングと言えば、あげ玉と万ねぎ、糸とうがらし、ゆず七味。

はちみつとレモンでインパクトをプラスしたマヨネーズ。

で、今回の一番のトッピングはパルミジャーノレッジャーノ。

パウダーじゃなくて薄く削りました。

中華的風味全開のお肉にも、その濃厚で豊かな風味は完璧にバランスします。

てか中華風なのにイタリアのチーズ、って感じですが。

中華、ってか中国は、その圧倒的な貪欲さ(もちろんいい意味ね)でいろんなおいしいものを探してひとつにまとめて文化にまで発展させた。

その歴史はパルミジャーノごときじゃ揺らがないっすよね、なんて。

そんな中華風ってのはまさに今回みたいなイベントにぴったりかと。

っていつにも増してすごい後付けですね、ははっ。

o0800060013428989405

ってことで今回もほんと楽しいイベントでした、みんなの笑顔が物語ってますね( ^ω^)

いろんな人たちが集まるこんなイベント、ジャンルとかなんだかんだのめんどいことふっ飛ばしたからこその笑顔を見られるのは、ほんとしあわせです。

ありがとう。


おいしいは、ここにある。

素敵な音楽とやさしいひとときを、あなたに。