☆★AIM.モニター募集中★☆

てことで、アイムのモニターを募集しています☆★


簡単に説明すると、

1.アイムが出ているライブに、アイムのお客さんという枠で入場してもらいます(基本チケット代なしの1drink、例外もあります)。

2.アイムのごはんを購入し、食べてもらいます。

3.そのごはんの感想をTwitterでつぶやいてもらいます(写真付きだと嬉しいです)。

4.詳しい感想をお話しさせてもらいます。

みたいな感じです☆★


モニターとしての特典は、

1.アイム特製グッズ(バッチ、ステッカー等)、おみやげ(主にプチケーキ等)をプレゼント。

2.好みの味にチューニングします。

3.大盛りに対応します。

※以上は3日前までに要連絡でお願いします。

4.万が一口に合わない場合は返金させてもらいます( ;ω;)


一つだけ注意点があります。

そのライブの日に、知り合いの出演者がいる場合、そちらの出演者のお客として入場してください。

その際でも、モニターとしての特典は用意します。


詳しいお問い合わせはコチラまで⬇

shigel_daydreamer@hotmail.co.jp

よろしくです☆★


おいしいは、ここにある。

素敵な音楽とやさしいひとときを、あなたに。


AIM.057 “牛すじとチーズのカーレ” at 2015.11.7. 渋谷ゲーム “The I (ikoma) presents 邪悪なる胎動 vol.22”


o0684096013475560207

てことで毎度お馴染み邪悪なる胎動です。

今回で何回目だっけ??

まいっか( ^ω^)


とりあえず、今回のメニューはこちら。

牛すじとチーズのカーレ。

jpg large

作り方はいつも通り、ってこのフレーズもいつも通りですね、ははっ。


正直、アイムを始めた当初はカレーは絶対作りたくなくて。

巷で見かけるフード、どこもかしこもカレーばっかで。

市販のルー使って、盛りつけも雑で、看板も適当で。

そういうのに対抗してアイムを始めた部分もあったから。

その当時は、市販のルーより美味しく作る方法が分からなかったし、自信もなかった。

でも、こうしていつも通り、ってフレーズを使える位回数重ねてきたら、ようやく俺の味を確立できた。

本来、カーレって言葉の由来は母ちゃんの書置きから(例 冷蔵庫にカーレがあるよetc)だけど、今は違う。

俺の作ってるのはカレーじゃない、カーレだ、って胸張って言えます。

いやいや、長かった、ははっ。


まぁそれはそれ、これが今回使ったチーズです。

DSC_2010

パルミジャーノレッジャーノ、コンテ、レッドチェダー。

俺のカーレは濃厚で深い味わいだけど、長く煮込んだ分爽やかな風味がちょっと弱いから、3種のチーズで鮮烈なインパクトをつけました。

大きめに刻んだパセリ、ピンクペッパー、ゆず七味と一緒になったときのパンチは思った以上でした、はい。


間違いなく最強のカーレに仕上がりました、完璧です。

おかげで即完売しました、ありがとです( ;ω;)

ぎゃー( ;ω;)


からのtogetterです。

やはりこのイベントのわちゃわちゃ感はこっちのがわかりやすいかなって。

ほんと楽しいイベントです、間違いない。


そして今回はドープシンガー田中くんを呼びました。

このいろんなものが混ざった一日に、どうしても田中くんの音を響かせたくて。

みんながガチャガチャしてる中で、田中くんの声が響いた時、空気が変わった。

ああ、間違ってないなって。


てことでこれ読んでくれてる君、一緒に胎動出ましょう。

どんな形でも、形にならなくても、受け入れてくれます。

そんなイベントを創りだすイコマくん、そしてあの場所にいて繋がってくれるみんなに、最強の感謝を込めて。

ありがとう。


おいしいは、ここにある。

素敵な音楽とやさしいひとときを、あなたに。


 

AIM.056 “ナスとかぼちゃの秋味キーマ” at 2015.10.10. 高円寺クラブミッションズ “Resonance CreatioN presents Vol.67 「borderless world - 2nd NIGHT-」”

jpg large

てことで引き続きまさひろさん誕生日企画その2です。

前回出会いの時のメニューをブラッシュアップしたやつで、今回はまさひろさんの好きなキーマカレーを俺なりに進化させたやつです。

そんなメニューはこちら。

ナスとかぼちゃの秋味キーマ。

jpg large

いやいや、秋ですからね。

あとちょっとハロウィンを意識してみたり。


カーレ自体の作り方はいつも通りです。

まずは和風の出汁をがっつり採って作ったカエシに赤ワインといろんなお酒を入れて、そこに炒め玉ねぎを入れたソース、豚骨のスープ、あと取っておいた前回の牛すじの出汁をメインに味を作りました。

お肉は、挽き肉ではなく豚の角切りをフードプロセッサーにかけて粗めのみじん切りにして炒めてから、赤ワインetcで甘めに煮込みます。

ナスは挽き肉に合わせて細かめに切ってから軽く油通ししてクレイジーソルト、煮込まずに仕上げにルーに投入します。

かぼちゃはレンチンして、熱いうちに潰してクレイジーソルトと胡椒で味をつけて、一口大に丸めました。


そして、盛り付け。

まずルー、そして生クリーム、白ごまごはん、ベビーリーフ、かぼちゃ、ゆず七味、ピンクペッパー、削ったパルミジャーノレッジャーノ、パセリ、最後に糸とうがらし。

ハロウィン、そして誕生日的ケーキっぽく仕上がったかと。

自分で言うのもなんですが、めっちゃかわいい( ;ω;)


今回の仕込みの一連の流れをtogetterにまとめてみました。


最初に進化、って書いたけど、それはもちろん味だけじゃなくて。

見た目も、こだわりも、全部進んで行かないとこのイベントには合わないなって。

レーベルやいろんな活動を通じて、関わっている人達の生活を進化させ続けているまさひろさん。

そんな彼の新しい一年、その花向けに俺なりの精一杯を出せる感謝を。

ありがとう。


おいしいは、ここにある。

素敵な音楽と優しいひとときを、あなたに。


 

AIM.055 “牛すじの味噌煮込み赤ワインソース” at 2015.10.3. 四谷アウトブレイク “Resonance CreatioN presents Vol.66 「borderless world -1st NIGHT-」”

jpg large

てことでボーダレスワールド、RCNの大ボス、我らがまさひろさんの誕生日企画です。

こんなん誘われたら出るしかないっしょ、ほんと。

いやいや、めでたい。


そんな記念の日のメニューはこちら。

牛すじの味噌煮込み赤ワインソース。

1467466225983

1467466189075

一番最初にまさひろさんと知り合えたのはここアウトブレイク、その時のメニューが牛すじ煮込みごはん。

あの時からすでに二年。

その二年の成長を見せることが、まさひろさんにとっての俺ができる精一杯のプレゼント、ってことでこれにしました。


基本の作り方はごくごく簡単。

jpg large

牛すじはがっつり煮込んで、出汁と合わせて味噌で味をまとめます。

もちろんアイムらしい、甘さを生かした味付けです。


からの付け合せ。

1467466055741

にんじんと大根は、煮干し、かつお、昆布、干ししいたけの和風だし、ほんの軽めの醤油、みりんで味をつけて煮て、それをごま油、レモン汁、ごまでマリネにしました。

もちろんお祝いの紅白です、って言わんでもわかるか、ははっ。

1467466133483

レンコンとまいたけは、砂糖醤油みりんでがっつり味をつけてます。


牛すじも付け合せも、それ自体でも美味しいけどあえて完成一歩手前にしています。

もちろんそれは赤ワインのソースの存在で完成させるからです。

その赤ワインのソースは、赤ワイン、カシスリキュール、はちみつ、レモン汁、バルサミコ、そして牛すじの煮汁を煮詰めて作りました。
※写真撮るの忘れました( ;ω;)


からのトッピングは、菊と豆苗。

紅白の下にはベビーリーフ、これ結構大事。

そんでやっぱアイムって言ったら柚子七味。


牛すじの味噌、にんじんと大根のだし、レンコンとまいたけの醤油、そして赤ワインのソース。

そのバラバラにも思える味付けも、見た目重視に思われがちなトッピングも、ちゃんとまとまるんです。

そこに一貫した思い入れがあれば。

おいしさにボーダーなんてないんすよ、実際。


そんなこのイベント。

いやいや、ほんっとやばかった( ;ω;)

っていつも言ってるけどさ、いつもそんないいイベントに出られるようになったのもまさひろさんのおかげなわけで。

某イコマくんと引き合わせてくれたのもまさひろさんだし。

まぁまさひろさんはそれはアイムくんが頑張ってるからだよ、とか言いそうですが、ははっ。

でも、頑張れるのもそのつながりがあるから。

大事にします、はい。


CQZHn_gUAAAHV_E


秀光さん( ;ω;)

こういうのほんと嬉しいっす( ;ω;)

ぎゃー( ;ω;)

ありがとです( ;ω;)


おいしいは、ここにある。

素敵な音楽とやさしいひとときを、あなたに。





AIM.054 “中華風タコライス” at 2015.9.18. 吉祥寺プラネットK “Malz presents『麦芽 Festival vol.1』”

index

てことでMalz企画、麦芽 Festival vol.1です。

バンド、お笑い、殺陣等々盛りだくさんのイベント、会場はみんな大好きプラネットKです。

いやいや、今後も続くであろうイベントの初回に出られるのはほんと光栄です、はい。


今回もいろんなジャンルの人達が集まるってことで、俺もいろいろ考えました。

そんなメニューはコチラ。

中華風タコライス。

JPG

_20160606_223917

前にも書いたんだけど、俺的にやはりめっちゃ美味しいって思えるタコライスに出会ったこと無くて。

タコミートはやはりトルティーヤに合わせるのが一番かなって。

なんというか挽き肉とごはんをトルティーヤ以上に相性よく仕上げるって、簡単に見えて実際難しいなと。

一番簡単だと思われる砂糖醤油は和風って名前ですでにやったし、じゃあどうしようかって散々考えて中華風に。

まぁ味の作り方自体は簡単です、基本はオイスターソース、甜麺醤やコチュジャン、はちみつ、黒糖、お酢、レモン、etc。

ポイントは五香粉や花椒とかのスパイス。

挽き肉自体はしょっぱくなる寸前、出来る限り濃厚で、なおかつ香り高く。

結果、ごはんとの組み合わせはこれ以上無いんじゃないかってくらいぴったりに仕上がりました。

そんなメインを引き立たせるための脇役は、まずレタスとサニーレタス。

普段野菜はベビーリーフが多いんですが、今回はレタス系で。

ベビーリーフはいろんな風味が楽しいんだけど、レタスはシャキシャキって食感がアクセントになるかと。

からのごま油とレモン汁、白ごまでマリネしたトマト。

あとアイムのトッピングと言えば、あげ玉と万ねぎ、糸とうがらし、ゆず七味。

はちみつとレモンでインパクトをプラスしたマヨネーズ。

で、今回の一番のトッピングはパルミジャーノレッジャーノ。

パウダーじゃなくて薄く削りました。

中華的風味全開のお肉にも、その濃厚で豊かな風味は完璧にバランスします。

てか中華風なのにイタリアのチーズ、って感じですが。

中華、ってか中国は、その圧倒的な貪欲さ(もちろんいい意味ね)でいろんなおいしいものを探してひとつにまとめて文化にまで発展させた。

その歴史はパルミジャーノごときじゃ揺らがないっすよね、なんて。

そんな中華風ってのはまさに今回みたいなイベントにぴったりかと。

っていつにも増してすごい後付けですね、ははっ。

o0800060013428989405

ってことで今回もほんと楽しいイベントでした、みんなの笑顔が物語ってますね( ^ω^)

いろんな人たちが集まるこんなイベント、ジャンルとかなんだかんだのめんどいことふっ飛ばしたからこその笑顔を見られるのは、ほんとしあわせです。

ありがとう。


おいしいは、ここにある。

素敵な音楽とやさしいひとときを、あなたに。


AIM.053 “AIM.風ポークカーレ” at 2015.8.16. 渋谷ゲーム “The I (ikoma) presents 邪悪なる胎動vol.18 ~2RABU(from Kuwait) JAPAN TOUR!!~”

o0480067513387135213

はい、またも胎動です。

こんだけ短期間に同じイベントで何回もやるのは今までなかったなと。

まぁこれもフィクサーイコマくんのバイタリティのなせるワザですね、ははっ。

1462712694332
 
てことで今回のメニューはこちら。

AIM.風ポークカーレ。

1460787380291

今まで何回かAIM.風のカーレを出してきたけど、すこしずつ進化しています。

自分で言うのもなんですが。

んで今回はポーク、ってことでとんこつです。

がっつり煮出してメインにしてみました。

1460787768340

1462712647728

つってもとんこつでスープを採ったことがある人なら分かると思うんだけど、とんこつ自体にしっかりとした味がある訳じゃなくて。

他のなにかと合わせてこそ、その存在感を発揮する、みたいな。

まさに胎動にとっての俺のスタンスですね、ははっ。

1460942264820

それ以外はいつも通り、赤ワインとブランデーを煮詰めたソース、炒めたまねぎをメインに。

お肉はほんとは角煮っぽくしようと思ってたんだけど、この時某西友の仕込み担当は夏休みだったらしくバラブロックはおろかバラ肉自体がほぼ壊滅状態(  ;ω;)

1460942221236

1460942185848

なので普段あんまり使わないロース肉をチョイス。

しかしバラとは違うしっとりとしつつしっかりとした食感は新しい発見で、いつもと違う美味しさになりました。

表面に焦げ目を付けたあと、砂糖醤油でしっかり強めの味で煮込んで、その煮汁ごと鍋に投入。

この和風メインの味付けがAIM.風たる所以ですね。

1462712224002

そんな感じで今回もめっちゃ気合入れて作りました、はい。

なんせ今回は海外からのゲストが出演するワールドワイドな胎動、イコマくんいわく銀河一美味いフードの俺がガッツリかまさないとだしね、ははっ。

avatars-000149402206-m5m8yy-t500x500

てことで2RABUかっけかった。

写真撮るの忘れるくらいヤバかった。


でも他の出演者もすごかった。

てか遊び来てる人たちも含めてみんなめっちゃ楽しそうだった。

楽しい、ってのがやっぱ一番大事だよね、イベントって。

そんな当たり前が当たり前じゃない今の世の中だけど、どんな人が遊びに来ても絶対楽しめるぜ、っていうイコマくんの言葉に嘘はない。

いやいや、彼は偉大ですぜ。

これからもよろしくです( ^ω^)


おいしいは、ここにある。

素敵な音楽とやさしいひとときを、あなたに。


 

AIM.052 “2つのブルスケッタ そぼろとパルミジャーノ パイナップルとゴーダ” at 2015.8.5. 四谷アウトブレイク “OTOH-SUN presents 第14回日本ロックフェスティバル”

image


てことでotoh-sun主催のイベント、日本ロックフェスティバルです。

以前、田中君のワンマンのイベントで来てくれていたotoh-sunの奥さん(わかりづらいww)がめっちゃ食べてくれて、その流れで誘ってもらえました。

こうしていろいろ繋がれるのは嬉しいですね、はい。


てことでそんな今回のメニューはこちら。

2つのブルスケッタ、そぼろとパルミジャーノ&パイナップルとゴーダです。

image

この日はotoh-sunの家族がたくさん出るってことで、おこづかいに優しい100円でなおかつちっちゃいコでも食べられるようにってことで優しい味にしました。

でも優しいだけじゃなく、ちゃんと主張のある仕上がりに。

てことでまずはそぼろとパルミジャーノ。

image

これはほんともうみんな大好きな味、砂糖と醤油とみりんの甘辛をメインに、アイムらしさのブランデーとかはちみつとかをめいっぱい入れてパンチを付けました。

それだけでも充分美味しいけどやはり単調なんで、パルミジャーノとマヨソース(マヨ&はちみつ&マスタード&レモン)、ゆず七味etcで違う角度からのインパクトを。

そして最後にパセリと糸唐辛子で、見た目と味にも統一感を。

たぶんお客さん的には始めて味わう組合わせですが、懐かしさを感じられる仕上がりに。


からの2つめ、パイナップルとゴーダ。

image

みずみずしいパイナップルそのものの味を損なわず、なおかつ風味を活かせるように、はちみつとレモンで軽めの味付けに。

そこにすこし塩気の強いゴーダ、前回使えなかった(涙)ベリーのソースで彩りとさわやかな風味をプラス。

組合わせのイメージ的にはチーズケーキ、でもそれより遥かにさわやかで鮮烈な味に仕上がりました。


そんな2つのメニューは、イベント始まる前からおとうさんの子供達からおいしいの歓声で迎えてもらえました。

いつもアイムのお客さんは若者がほとんどで、今回みたく小学生とか中学生とかに食べてもらえるのはほぼ始めてで。

きっとその年代の子達は、本格的なチーズとかをあんまり食べる機会がなかったんじゃないかなって思う。

だからこそ、おだやかなチーズではなくあえて主張の強いパルミジャーノとかゴーダを合わせました。

だけど、絶対受けられると思って作りました。

子供とか大人とか関係なく、おいしいものはおいしい、それは間違いないだろなって。

あの子達が口にいっぱいほうばってる笑顔を見て、実感しました。

かわいかった、ほんと。


そんな今回のイベント、楽しくない訳ないよね。

おとうさんなりのロックの形は、俺が思うそれとは違くて。

でもあの澄んだ力強い声の元にあるのは、やはりロックでした。


たぶん、ロックはこれだ、って言う1つの形しか無かったら、俺はロックなんて好きにならなかったと思う。

この日わかち合えたおいしさは、フードって形じゃなく紛れもなく俺なりのロックだった。

相変わらずベッタベタですが、ははっ。

ほんとしあわせでした、ありがとう。


おいしいは、ここにある。

素敵な音楽とやさしいひとときを、あなたに。


 

AIM.051 “2つのブルスケッタ 豚のしょうが焼き 3種のベリーとエメンタールチーズ” at 2015.7.26. 幡ヶ谷ヘビーシック “The I (ikoma) presents 邪悪なる胎動 Vol.16~”

JPG

はい、イコマくんです。

ニコニコです。

その笑顔に隠された彼の本質、邪悪さをむき出しにするイベント、邪悪なる胎動です。

まぁ適当です、ははっ。


そんな今回のメニューはこちら。

2つのブルスケッタ、豚のしょうが焼き&3種のベリーとエメンタールチーズ。

JPG


まずは豚のしょうが焼き。

JPG

まぁこれを嫌いな人はいないでしょう、っていう王道な味付け。

メインの豚は、醤油、しょうがの醤油漬け、みりん、日本酒、ブランデー、赤ワイン、はちみつ、黒糖etcを入れて、奥深い甘さとがっつりインパクトを出して仕上げました。

盛りつけ的には、こんがり焼いたバケットに、ベビーリーフ、しょうが焼き、薄く削ったパルミジャーノ、マヨと卵黄と牛乳とマスタードとはちみつのソース(※)、ゆず七味、刻んだパセリ。

間違いない。


からの3種のベリーとエメンタールチーズ。

JPG

こっちはちょっと意外性のある感じかな??

3種のベリーってことで、ラズベリー、クランベリー、ブルーベリー。

今回はドライのを使ってるんで、風味は強いけどジューシーさが足りないから、赤ワイン、カシスリキュール、ブランデー、はちみつ、レモンを入れて煮込んで、アクセントを足しつつ風味をブースト。

そこに合わせるのは、まろやかなエメンタール。

ベリーを煮込んだソースに、片栗粉でとろみをつけて(※)。

最後の仕上げは、スペアミント。

完璧。


2つとも、それぞれ主張が強いものを合わせて、単体では想像できないくらいのおいしさにレベルアップ出来たと自負しております。

まさに胎動ですね。

無理矢理感満載ですが、まあ遊びに来てみればわかりますよ、きっと。

今回もめっちゃ楽しかった。

イコマくんのあの笑顔は嘘じゃないっす、ほんと。


※今回はマヨソースとベリーのソースを忘れました( ;ω;)
マヨソースに関してはコンビニでマヨを買って、ベリーはどうしようもなかったので無しです( ;ω;)
本来はそれぞれこんな感じになるはずでした( ;ω;)
さすが忘れ物の貴公子( ;ω;)

IMG_klf1qr

IMG_-fz8snq


胎動は今回で3回目、まだまだ関係は始まったばかり。

フライヤーで銀河一美味しいフード、って言ってくれたイコマくん。

その感謝の気持ちは簡単に返せそうにないな、残念ながら。

てことでこれからもよろしくね。

ありがとう。


おいしいは、ここにある。

素敵な音楽とやさしいひとときを、あなたに。


 

AIM.050 “AIM.風牛すじカーレ” at 2015.7.9. 四谷アウトブレイク “今夜、四谷の地下室で。~Wレコ発編~”

DSC_0086_2

てことで記念すべきアイム50回めです。

いやいや、ほんとみなさまのご愛顧のおかげですね。

マジで頑張った甲斐があると言うものです、はい。

もちろん当時は50回めなんて気付いてなかったわけですが、ははっ。

DSC_0076_2

そんな記念すべき50回めは、田中くんとひねもす大臣さんのスプリットカセット(!!)のレコ発です。

いやいやめでたい。


そんな感じで、俺的にかなりなファンの田中くんのイベントなんで、完璧に気合い入れたメニューを、ってことでコレ。

AIM.風牛すじカーレ。

DSC_0079_2

DSC_0072_2

田中くんに何のカーレがいいか聞いたら、ビーフ、って言われて。

なので最初は牛すねを煮込んで作ろうかと思ってたんだけど、やはり牛すじのとろとろ感の方が美味しいかなと。


作り方はいつもとほぼ同じです。

玉ねぎを炒めて、ケチャップ炒めて、赤ワインを煮詰めて、めいっぱい出汁をとって、牛すじ煮込んで。

言うほど特別なことはしてません。

トッピングもいつも通り、パルミジャーノレッジャーノ、生クリーム、パセリ、ピンクペッパー、ゆず七味。


AIM.風、だからこそのオーソドックスで基本的な作り方。

オーソドックス、って言っても他の人は作らない。

ライブハウスでのフードじゃなおさら。

基本ってのはきっと、たくさんの人が作ってきた作り方。

そこをないがしろにして新しいおいしさはできないかなって。

この味は他では食べられません、絶対。

DSC_0092_2

くらい意気込まないと田中君の前には立てない。

田中君の声、ギターの音、言葉。

やっぱり今回も涙が溢れました。

形は違っても、俺の目指すところです。


てことで50回目。

始めてからは3年目。

これからも精進します。

俺とつながってくれている人に、俺のありったけのおいしいを伝えられるように。

ありがとう。


おいしいは、ここにある。

素敵な音楽と優しいひとときを、あなたに。


 

AIM.049 “牛すじ塩煮込みごはん” at 2015.6.4. 関内B.B.ストリート“Suicide from Heaven x Lit up pre”

てことでBBです。

水彩のフロントマンふなやまくんのソロプロジェクト、
suicide.lazy.sonのイベントです。

DSC_3397

ふなやまくんには前に水彩のイベントで誘ってもらえて、今回はソロで誘って貰えました。

んで、ひっさしぶりのBB。

俺的にかなり好きなハコで、ぞえあで何回か出てるんだけど、いろいろあって最近ご無沙汰で。

こうしてフードで出られることは嬉しいですね、ほんと。


そんな感じで今回のメニューはこれ。

牛すじ塩煮込みごはん。

DSC_3382

俺は牛すじがすごい好きで、コスパもよくて、なおかつ美味しい、文句無しの素材です。

そんな感じで今までいっぱい使ってきて、ぶっちゃけそろそろネタ切れで。

基本メニュー被るのがイヤでいろいろ考えた結果、ふなやまくんのソロってことで、一番素材の良さを引き出せる味付けにしました。

まぁもちろん後付けですが、ははっ。


塩味、って正直一番難しいと思います。

濃い味はどうとでもなるからね、後から。

前回のスダさんスペシャルポトフを思い出しつつ、味を考えました。

やはり一番の基本と最終的に味を決めるのは出汁かと。

なので今の俺の考えうる最大限の出汁をとりました。

っても大したことじゃなく、煮干しと昆布とかつお、そして干ししいたけとかの基本的なものをいつもより多めに、そこにするめと干し貝柱の魚介系、キャベツやたまねぎ、セロリとかの野菜系をプラス。

そこに3回茹でこぼしてがっつり煮込んだ牛すじの出汁を加えました。

味付けはほんと気持ち程度に、みりん、白ワイン、ブランデーとかのアルコールで風味を、そしてクレイジーソルトとシーソルトの塩味で引き締めました。

奥行きがありつつ後味はすっきり、だけどインパクトのある濃厚なスープに仕上がりました。
 

今回の具材は、牛すじ、セロリ、にんじん、たまねぎ、まいたけ。

そのどれもが美味しい味を引き出してくれる素材。

完璧なバランスに仕上がりました、はい。


からのごはん。

味が深いと言ってもやはり塩味なんで、普段なら味を邪魔しないあっさり目にするところですが、あえての濃い甘さで。

いつものごまごはんより、はちみつ、みりん、醤油を多めに。

しっかりボディのあるスープなので、ごはんの強めの味がおたがいを引き立ててベストマッチ。

何回も言いますが、完璧なバランスです。


トッピングはまず、シーソルト。

それで味付けは完成。

そこに、アイムと言えばのあげ玉、万ネギ、糸とうがらし、ゆず七味。

何回も(以下略


言葉にするとほんと胡散臭いよね、食べたら一発でわかるのに。

山田ちゃん(BBのブッキングね)の美味しいって言ってくれた時の笑顔を見て、おいしいを分かち合えたなって。

しあわせです、はい。


DSC_3387

てことでB.B.ストリート

天国に一番近いライブハウス。

その言葉に嘘はない、確かに天国に近づけました。

なんてね。


ふなやまくん、みんな、ありがとう。

久しぶりに横浜の空を堪能しました。


おいしいは、ここにある。

素敵な音楽と優しいひとときを、あなたに。



 
最新記事